がん情報


HOME >> 地域がん診療連携拠点病院
施設認定
 当院は、平成18年8月24日付けで厚生労働大臣から「地域がん診療連携拠点病院」に指定されました。
 これは、質の高いがん医療を全国どこででも等しく提供できるようにするため、各地域におけるがん診療の連携・支援を推進するための拠点として認定を受けた病院のことを言います。
 当院としても、高度のがん診療能力を提供することにより地域に貢献していくことはもとより、地域全体としてのがん診療能力の向上及び均てん化にも貢献していきたいと考えております。
 

 

役割
 当院は、地域がん診療連携拠点病院として、次のような役割を果たしていきます。

   1. 継続的に全人的な質の高いがん医療を提供する体制を確保する。
   2. 地域におけるがん診療に従事する医師等に対する研修の機会を提供する。
   3. 地域の医療機関及び地域住民に対し、必要ながん医療に関する情報提供を行う。

 

取り扱いがん種
当院にて取り扱い可能ながん種については以下の通り。
胃がん
大腸がん
食道がん
肝がん
胆道がん
膵がん
乳がん

子宮がん
卵巣がん
前立腺がん
腎がん
膀胱がん
精巣がん
尿路がん

脳腫瘍
眼・眼窩腫瘍
口腔がん
上顎がん
下顎がん
咽頭・喉頭がん

甲状腺がん
血液腫瘍(白血病・リンパ腫)
消化管間質腫瘍
副腎腫瘍

 

提供可能な診療機能
当院にて提供可能な診療機能については以下の通りです。
※対応欄定義(○:院内で対応が可能、△:院外との連携での対応)
対象疾患 治療内容 対応 ガイドライン等
胃がん 手術  ○ 胃癌治療ガイドライン
内視鏡的粘膜切除術 (EMR)  ○
化学療法  ○
集学的治療  ○
放射線療法  ○ 放射線治療計画ガイドライン
セカンドオピニオンへの対応  ○  
大腸がん 手術  ○ 大腸癌治療ガイドライン
内視鏡的粘膜切除術 (EMR)  ○
化学療法  ○
集学的治療  ○
放射線療法  ○ 放射線治療計画ガイドライン
セカンドオピニオンへの対応  ○  
食道がん 手術  ○ 食道癌取扱い規約
内視鏡的粘膜切除術 (EMR)  ○
化学療法  ○
集学的治療
放射線療法  ○ 放射線治療計画ガイドライン
セカンドオピニオンへの対応  ○  
肝がん 手術  ○ 肝癌取扱い規約
化学療法  ○
穿刺療法 (PEI/RFA)  ○
肝動脈塞栓術 (TAE)  ○
集学的治療  ○
放射線療法  ○ 放射線治療計画ガイドライン
セカンドオピニオンへの対応  ○  
胆道がん 手術  ○ 胆道癌取扱い規約
化学療法  ○
集学的治療  ○
放射線療法  ○ 放射線治療計画ガイドライン
セカンドオピニオンへの対応  ○  
膵がん 手術  ○ 膵癌取扱い規約
化学療法  ○
集学的治療  ○
放射線療法  ○ 放射線治療計画ガイドライン
セカンドオピニオンへの対応  ○  
乳がん 手術  ○ 乳癌診療ガイドライン
化学療法  ○
放射線療法  ○ 放射線治療計画ガイドライン
集学的治療  ○ 乳癌診療ガイドライン
セカンドオピニオンへの対応  ○  
子宮がん 手術  ○ 子宮頸癌取扱い規約・子宮体癌取扱い規約
化学療法  ○ 抗がん剤適正使用ガイドライン
集学的治療  ○ 子宮頸癌取扱い規約
放射線療法  ○ 放射線治療計画ガイドライン
セカンドオピニオンへの対応  ○  
卵巣がん 手術  ○ 卵巣がん治療ガイドライン
化学療法  ○
集学的治療  ○
放射線療法  ○ 放射線治療計画ガイドライン
セカンドオピニオンへの対応  ○  
前立腺がん 手術  ○ 前立腺癌取扱い規約
化学療法  ○
集学的治療  ○
放射線療法  ○ 放射線治療計画ガイドライン
セカンドオピニオンへの対応  ○  
腎がん 手術  ○ 腎癌取扱い規約
化学療法  ○
集学的治療  ○
放射線療法  ○ 放射線治療計画ガイドライン
セカンドオピニオンへの対応  ○  
膀胱がん 手術(膀胱全摘)  ○ 膀胱癌取扱い規約
経尿道的膀胱腫瘍切除 (TUR)  ○
化学療法  ○
集学的治療  ○
放射線療法  ○ 放射線治療計画ガイドライン
セカンドオピニオンへの対応  ○  
精巣がん 手術  ○ 精巣腫瘍取扱い規約
化学療法  ○
集学的治療  ○
放射線療法  ○ 放射線治療計画ガイドライン
セカンドオピニオンへの対応  ○  
尿路がん 手術  ○ 腎盂・尿管癌取扱い規約
化学療法  ○
集学的治療  ○
放射線療法  ○ 放射線治療計画ガイドライン
セカンドオピニオンへの対応  ○  
脳腫瘍 手術  ○ 脳腫瘍取扱い規約
化学療法  ○
集学的治療  ○
放射線療法  ○ 放射線治療計画ガイドライン
セカンドオピニオンへの対応  ○  
頭頸部腫瘍 手術  ○ 頭頸部癌取扱い規約・甲状腺癌取扱い規約
化学療法  ○
集学的治療  ○
放射線療法  ○ 放射線治療計画ガイドライン
セカンドオピニオンへの対応  ○  

 

医師の専門分野
部位
医師(専門家名・経験年数)
肺がん 那須 英紀(呼吸器科・15年)
胃がん 長岡 真希夫(外科・32年)
山辺 和生(外科・22年)
藤田 繁雄(外科・19年)
木村 りつ子(消化器科・16年)
大腸がん
肝がん
胆道がん
膵がん
食道がん
乳がん 長岡 真希夫(外科・32年)
山辺 和生(外科・22年)
藤田 繁雄(外科・19年)
前立腺がん 山際 健司(泌尿器科・35年)
線崎 博哉(泌尿器科・14年)
膀胱がん
腎がん
尿路がん
精巣がん
子宮がん 中川 康(産婦人科・26年)
林 子耕(産婦人科・24年)
木村 光宏(産婦人科・20年)
卵巣がん
脳腫瘍 中北 和夫(脳神経外科・31年)
眼・眼窩腫瘍 林 秀介(眼科・13年)
口腔・上顎・下顎がん 安井 紀代(耳鼻咽喉科・12年)
下顎・咽頭がん
甲状腺がん
放射線療法 田渕 耕次郎(放射線科・21年)
覚野 芳光(放射線科・12年)

 

診療実績(手術・放射線治療・化学療法)
1.手術  (平成25年1月〜平成25年12月)
部位 件数
口腔および咽頭 13
食道 5

(うち腹腔鏡下手術)
(うち内視鏡手術)
60
(15)
(15)
結腸および直腸
(うち腹腔鏡下手術)
(うち内視鏡手術)
82
(12)
(9)

(うち血管塞栓術)
(うちラジオ波焼灼療法)
32
(31)
(1)
肝<転移性>
(うち血管塞栓術)
2
(1)
乳房 19
子宮頸(部) 44
子宮体部 13
卵巣
(うち腹腔鏡下手術)
23
(2)
前立腺
(うち腹腔鏡下手術)
35
(27)

(うち腹腔鏡下手術)
16
(9)
腎盂および尿管
(うち腹腔鏡下手術)
5
(3)
膀胱 55
甲状腺 12
その他 38
合計 454

2.放射線治療  (平成20年度)
放射線治療件数
187

3.化学療法  (平成21年7月)
部位
ミキシング件数(投与件数)
患者数
48
18
胃・食道
40
16
(胃単独)
15
11
大腸
42
25
胆・肝・膵
13
5
24
11
子宮・卵巣
12
8
参考・血液
48
16
合計
242
110

 

地域の連携医療機関
施設種類
施設名称
診療連携の内容
診療所 レディースクリニックばんどう
紹介、逆紹介
病院 南和歌山医療センター
紹介、逆紹介
診療所 山西内科胃腸科眼科医院
紹介、逆紹介
診療所 中井・丸岡医院
紹介、逆紹介
診療所 榎本産婦人科
紹介、逆紹介
診療所 辻内科医院
紹介、逆紹介
診療所 三谷医院
紹介、逆紹介
診療所 おかもと内科クリニック
紹介、逆紹介
診療所 水本内科クリニック
紹介、逆紹介
病院 白浜はまゆう病院
紹介、逆紹介
病院 玉置病院
紹介、逆紹介
病院 新宮市立医療センター
紹介、逆紹介
診療所 本多内科
紹介、逆紹介
診療所 杉本胃腸科・外科
紹介、逆紹介
診療所 吉田医院
紹介、逆紹介
診療所 外科・内科辻医院
紹介、逆紹介
診療所 線崎泌尿器科医院 紹介、逆紹介
診療所 竹村医院 紹介、逆紹介
診療所 オキ外科 紹介、逆紹介
診療所 近野診療所 紹介、逆紹介
診療所 南紀新庄クリニック 紹介、逆紹介
診療所 上富田クリニック 紹介、逆紹介
診療所 野口胃腸肛門外科 紹介、逆紹介
診療所 野村小児科内科 紹介、逆紹介
診療所 要外科内科医院 紹介、逆紹介
診療所 田辺市大塔三川診療所 紹介、逆紹介
診療所 けんゆうクリニック 紹介、逆紹介
診療所 櫻根皮膚科 紹介、逆紹介
病院 国保直営串本病院 紹介、逆紹介
病院 国保すさみ病院 紹介、逆紹介
病院 田辺中央病院 紹介、逆紹介
診療所 坂口耳鼻咽喉科 紹介、逆紹介
診療所 明神診療所 紹介、逆紹介
診療所 松尾医院 紹介、逆紹介
診療所 長嶋雄一クリニック 紹介、逆紹介
病院 白浜小南病院 紹介、逆紹介
診療所 中根医院 紹介、逆紹介
診療所 大峰診療所 紹介、逆紹介
診療所 四村川診療所 紹介、逆紹介
診療所 川口医院 紹介、逆紹介
診療所 田辺市龍神中央診療所 紹介、逆紹介
診療所 岩上歯科医院 紹介、逆紹介
診療所 榎本デンタルクリニック 紹介、逆紹介
(順不同、敬称略)

 

相談窓口
緩和ケア相談窓口 緩和ケアに関するご相談をお受けしています。詳細はこちらをご参照下さい。

 

緩和ケア研修会
 国および県の「がん対策推進計画」においては、緩和ケアをがん診療の早期から適切に提供できる体制を整備するため、緩和ケアについての基本知識を習得することを目標としています。

 今般、この目標を達成し、県内の緩和ケア提供体制の充実を図るため、昨年度に引き続き研修会を下記のとおり開催いたします。

 参加をご希望の際は、開催要項をご確認の上、6月23日(金)までに紀南病院庶務課までFAXにてご提出をお願いいたします。



               主 催 : 紀南病院

               日 時 : 平成29年7月16日−17日

               場 所 : 3階講堂

開催要項
研修プログラム
受講申込書(医師)
受講申込書(医療従事者)

 

Copyright © Since 2001 Kinan Hospital. All Rights Reserved.