施設情報



PDF文書をご覧いただくには、アドビシステムズ社の「Adobe Reader」が必要です。
お持ちでない方は、下のアイコンをクリックし、アドビシステムズ社よりダウンロードしてご覧ください。

HOME >> 施設情報 >> 各種広報資料

平成28年度 紀南病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 608 126 206 339 407 576 1285 1644 1326 310
定義
平成28年4月から平成29年3月までの退院患者数を、年齢階級別(10歳刻み)に掲載しています。
入院した時点の年齢で集計しています。

解説
60歳以上の入院が全体の約67%を占めています。
また、当院は地域周産期母子医療センターとしてハイリスク胎児、妊産婦を取り扱っていることから、
年齢区分0歳から10歳の症例も他の若年層に比べて多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 108 21.28 17.95 1.85 80.82
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 103 4.57 4.71 0.00 70.5
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 93 23.96 21.25 20.43 87.53
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 81 4.28 3.06 0.00 72.59
050210xx97000x 徐脈性不整脈 58 12.97 11.38 1.72 81.83
定義
平成28年4月から平成29年3月に退院された患者様を対象に、診療科別にDPCコードの上位5例を掲載しています。
転院率は、「転院患者数/各DPCコード別の全退院数」で計算しています。
年間10症例以下のものは、個人情報保護のため表示していません。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 110 5.98 6.18 1.82 0.00
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 58 5.84 5.79 0.00 3.21
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 36 5.75 6.02 0.00 0.72
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 29 5.28 6.09 0.00 1.90
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 29 10.17 11.55 10.34 0.00
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 33 9.36 7.61 0.00 62.61
060150xx99xx0x 虫垂炎 30 8.57 6.91 3.33 47.97
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 28 7.96 6.82 0.00 59.82
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 26 16.23 15.92 0.00 70.31
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 19 19.16 17.65 0.00 71.47
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 79 27.65 27.63 21.52 82.47
070343xx02x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)腰部骨盤、不安定椎 38 17.16 12.08 0.00 72.95
070350xx01xxxx 椎間板変性、ヘルニア 36 10.25 10.90 5.56 51.94
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 23 14.61 11.91 0.00 35.13
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 20 25.65 24.42 5.00 69
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 15 24.0 24.70 6.67 63.2
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 13 23.69 23.36 0.00 74.23
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 - - 12.74 - -
050080xx0111xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) - - 38.92 - -
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 - - 21.94 - -
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 40 7.73 6.42 0.00 47.68
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 40 11.68 9.88 0.00 31.53
120260xx01xxxx 分娩の異常 39 9.87 9.77 0.00 31.64
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 34 7.47 6.29 0.00 44.74
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 27 10.26 10.05 0.00 44.89
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 52 19.81 10.53 1.92 59.1
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 42 10.83 7.72 0.00 68.76
020220xx97xxx0 緑内障 30 19.7 9.15 0.00 69.33
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 21 12.52 8.27 0.00 63.33
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 18 7.61 6.23 5.56 76.28
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 32 9.59 7.47 3.12 49.19
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 28 8.75 8.12 0.00 19.71
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 24 9.75 9.27 0.00 61.96
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 21 6.29 7.75 4.76 64.67
030428xxxxxxxx 突発性難聴 20 13.35 9.37 0.00 55.45
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 82 8.71 7.44 0.00 73.73
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 67 6.55 5.83 4.48 61.55
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 24 5.63 5.75 4.17 73.5
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 21 11.19 12.43 0.00 70.71
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 18 16.17 13.39 0.00 68.61
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 34 - 10 22 - 14 1 7
大腸癌 23 39 25 46 - 25 1 7
乳癌 - 11 - - - - 1 7
肺癌 - - 18 48 22 32 1 7
肝癌 - - 10 - - 15 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
定義
平成28年4月〜平成29年3月に退院された患者様が対象です。
患者数は、延べ人数です。
UICC(国際対がん連合)が採用している悪性腫瘍の病期分類(癌の大きさ・広がり、リンパ節転移の度合い、遠隔転移の有無)によってステージ分けをしています。
年間10症例以下のものは、個人情報保護のため表示していません。

解説
当院は胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌の化学療法、放射線療法、手術等の治療を行っています。
肺癌や大腸癌でStage不明の患者さんが多数なのは、癌の診断のための検査入院の方がいるためです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 17.46 59.65
中等症 76 19.8 81.41
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
定義
平成28年4月〜平成29年3月に退院された患者様で、入院の契機およびDPCの医療資源を最も投入した傷病名が、肺炎・急性気管支炎・急性細気管支炎の方が集計対象です(ウイルス性肺炎、誤嚥性肺炎は除く)。
成人とは、20歳以上を指します。
市中肺炎とは、普段の社会生活を送る中でかかる肺炎のことです。
重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類(A-DROP)により分類しています。
年間10症例以下のものは、個人情報保護のため表示していません。

解説
A-DROPは、身体所見や年齢による肺炎の重症度分類であり、当院では軽〜中等度の症例が多くなっています。
高齢になるほど肺炎は重症化する傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
定義
平成28年4月から平成29年3月に退院された患者様が対象です。
医療資源を最もを投入した傷病名が脳梗塞の患者様をICD10の上3桁別に集計しています。
発症日から「3日以内」「その他」に分けた数値を記載しています。
転院率は、「転院患者数/各ICD別全退院数」で計算しています。
年間10症例以下のものは、個人情報保護のため表示していません。

解説
当院は常勤の脳外科医師が不在の為、専門的な治療が必要な方については他院に紹介しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 104 1.75 1.88 0.96 65.55
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 87 2.26 3.53 0.00 71.18
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 76 3.24 20.92 2.63 77.05
K610-3 内シャント設置術 46 8.67 17.72 10.87 68.09
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 36 0.00 17.89 2.78 68.81
定義
平成28年4月から平成29年3月に退院された患者様を対象に、診療科別にKコード(医科点数表に定められた手術のコード)の上位5例を掲載しています。
一入院で複数の手術を行っている場合でも、主たるもののみカウントしています。
輸血関連、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、その他軽微な手術および手術の加算は集計から除外しています。
転院率は、「転院患者数/各手術別全退院数」で計算しています。
年間10症例以下のものは、個人情報保護のため表示していません。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - - - - -
K7151 腸重積症整復術(非観血的) - - - - -
K300 鼓膜切開術 - - - - -
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - - - - -
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 65 2.00 6.69 3.08 62.25
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 53 1.02 3.98 0.00 64.43
K6335 鼠径ヘルニア手術 45 1.11 3.96 0.00 56.11
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 39 4.18 15.64 0.00 71.82
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 16 0.38 6.38 0.00 63.81
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 48 2.75 19.13 12.5 78.0
K134-22 内視鏡下椎間板摘出(切除)術(後方摘出術) 45 1.78 7.2 4.44 55.2
K131-2 内視鏡下椎弓切除術 43 1.84 16.72 4.65 72.79
K0811 人工骨頭挿入術(股) 39 3.77 23.18 25.64 81.77
K0821 人工関節置換術(股) 36 2.25 22.0 2.78 71.83
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) 17 7.71 23.59 0.00 64.12
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人口心肺不使用)(2吻合以上) 16 7.19 21.06 0.00 74.45
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) - - - - -
K5607 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(その他)) - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 56 1.09 5.64 0.00 45.11
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 56 3.86 8.59 0.00 31.61
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 45 10.09 7.96 0.00 31.73
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘出術 44 1.14 5.36 0.00 45.93
K877 子宮全摘出術 26 1.65 8.27 0.00 49.5
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 756 0.95 3.57 0.26 74.02
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 158 1.46 11.84 0.63 67.27
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 32 1.38 7.22 0.00 69.22
K2683 緑内障手術(濾過手術) 26 1.23 20.88 0.00 67.08
K279 硝子体切除術 13 0.92 5.15 0.00 76.38
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 42 1.19 7.12 0.00 21.36
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 17 1.00 7.59 0.00 52.24
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) 17 1.00 1.82 0.00 59.29
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 12 1.00 7.08 0.00 64.67
K386 気管切開術 11 4.00 34.64 9.09 65.09
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 64 1.36 6.45 0.00 74.7
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 63 1.22 3.73 3.17 61.38
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液使用) 36 1.00 6.28 0.00 72.69
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 35 0.57 10.57 5.71 70.31
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 21 1.05 3.38 4.76 73.0
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 19 0.28
異なる 22 0.32
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 40 0.59
異なる - -
定義
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして定義される感染症および合併症の発生率を示したものです。
平成28年4月から平成29年3月に退院された患者様を対象に集計しています。
表中にある、「同一」、「異なる」とは、入院の契機となった傷病名と医療資源を最も投入した傷病名が同一であるか異なるかです。
発生率とは、「それぞれの疾患の件数/当院の全症例件数」で計算しています。
年間10症例以下のものは、個人情報保護のため表示していません。

手術・処置等の合併症では、人工透析のために作った人工血管の狭窄や閉塞、感染などに対する治療の割合が高くなっています。
透析治療を当院で受けている方だけでなく、他院で受けている方に対しても入院手術の対応をしています。
更新履歴
2017/09/21
平成28年度病院指標を公開しました
2016/09/29
平成27年度病院指標を公開しました

 

Copyright © Since 2001 Kinan Hospital. All Rights Reserved.