看護部紹介


HOME >> 診療科・部署紹介 >> 理念・方針

看護部の基本理念

人として豊かな感性をみがき、倫理観を高め、
    専門職業人としての自立と成長に努めます。

 

看護部の基本方針
1. 社会の変動、医療の進歩に即応し、良質な看護の提供に努めます。
2. 患者様の人間性を尊重し、生活の質の向上に努め自立を支援いたします。
3. 高度化しかつ多様化する地域住民の医療サービスのニーズに対応します。
4. 地域中核病院としての役割を看護の立場から担います。

 

看護部目標(2017年)
1. 患者・家族の立場にたった安全・安心な看護を提供する。
事故防止に努め、看護職員の安全管理に対する意識を高める
・部署別に、ひやりはっと内容をデータ化しPDCAサイクルをまわす
・院内感染発生の減少
・手指消毒の一患者当たりの使用回数を上げる
・褥瘡発生率低レベルの維持
患者の生活を視野にいれた継続看護とチーム医療を推進する
・外来⇔病棟  病院⇔地域  他職種との協働.連携
せん妄・認知症患者の看護について理解し対象に応じた実践をする
患者・家族の目線に立った思いやりのある丁寧な対応をする


2. 病院の健全経営や事業の取り組みに参画する。
診療報酬改定における必要な知識を理解し、病院経営に協力する
・看護職員の必要数は毎月の予定値にそって調整する
・重症度・医療・看護必要度・在宅復帰率の割合を毎月適宜確認する
・部署門の応援体制を充実させる
・専門性の高い看護実践を行い、診療報酬の加算取得に取り組む
効果的な病床運営を行い、年間平均病床稼働率84.0%を確保する
・稼働率の低い月の病床運営を考えていく


3. 働き続けられる職場環境を整えていく。
部署単位の特殊性をふまえて業務を見直し、超過勤務の削減に取り組む
夜勤・交代制勤務に関するガイドラインにそって、平日の勤務間隔を11時間あける日を昨年度より増やす
・正循環の勤務に取り組む
ワークライフバランスを意識した業務遂行に取り組む
・年次休暇の取得を昨年度より増やす
メンタルヘルスケアに取り組む


4. 人材育成と自己啓発・研鑽を推進し、看護師として成長する。
看護職個々のキャリア開発を図るため院内・院外研修参加を推進する
目指す看護師育成に向けクリニカルラダーを推進する
目標管理を充実させ、個人目標が達成できるように支援する




 

Copyright © Since 2001 Kinan Hospital. All Rights Reserved.