看護部紹介

紀南病院 


HOME >> 診療科・部署紹介 >> 教育

現任教育プログラム
  到達レベル 対象
レベル1 1 ①日常生活のための基本的知識・技術・態度を身につけ、ベッドサイドケアが安全・確実に実践できる。
  ②受持ち患者のケアをとおして看護の知識・技術を深められる。
2 チームメンバーの役割と責任を果たす。
3 院内研修に参加する
4 院内研究発表会に参加する
新卒・2年目
レベル2 1.看護過程を踏まえた個別的ケアが実践できる
2.リーダーとしての役割を理解できる
3.院内研修を看護実践に活かせる
4.課題に研究的に取り組むことができる
3〜4年
レベル3 1.専門領域における看護実践の役割モデルとなれる
2.医療チーム内でのリーダーシップを発揮できる
3.後輩及び看護学生に対して指導的にかかわれる
4.看護研究・研修を通して看護実践を深めることができる
5〜10年
レベル4 1.①専門看護師として役割モデルとなり、専門性を発揮できる
  ②創造的な看護実践を展開できる
2.部署における教育的役割が取れる
3.チームの育成や組織の目標達成に貢献できる中間管理能力を養う
10年以上
管理者コース 1.部署における課題を明確にし、目標を示しながら管理行動がとれる
2.看護管理者としての能力が発揮できる
師長・主任
看護専門コース 管理及び専門看護分野における研究開発を行い、各分野で専門性を発揮し、指導ができる レベルV以上の受講者(各分野で受講資格あり)
看護実践コース 看護実践に必要な知識、技術のステップアップを図る レベル1以上の受講者
看護補助者研修 看護補助者として必要な知識・技術を得てチーム活動ができる 看護補助者

 


卒後1年教育
新人教育として平成11年度から導入していた プリセプターシップをより強化し、目的が達成できるよう、「新人(プリセプティ)−先輩(プリセプター)」を中心に、エイド、スタッフ、看護師長および主任、教育担当、看護部のそれぞれが役割と責任を担い、互いに連携しながら新人の成長を支えます。

※プリセプターシップとは、一人の新人看護師(プリセプティ)に一人の先輩看護師(プリセプター)がつき、1年間を通じて行う教育指導です。
研修で段階的に実践能力を高め、1、3、6、12ヶ月目の各時期には面接やチェックリストで成長を確認。徐々に自信をつけながら、着実にステップアップすることができます。
プリセプターは、新人看護師が深刻なリアリティーショックやカルチャ-ショックを体験することなく、職業人として自立し職場に適応できるよう支援します。
当院では、病院全体で新人を育てる環境づくりに努め、各部署にプリセプター以外にプリセプターエイドを配置しています。

プリセプター制度サポート体制
4月 新採用研修
中央(4日間)
職業人・公務員としての自覚を促し、病院の概要を知り看護職員として病院への導入を図る 講義・演習
5月 リフレッシュ研修 仲間との交流を通して、心身のリフレシュを図る グループワーク
講演・レクレーション
7月 看護技術研修 当院における看護技術の実施方法を習得する① 講義・実技
8月 看護技術研修 当院における看護技術の実施方法を習得する② 3ヶ月
振り返り
9月 看護過程の展開 記録の必要性を認識し、看護の質を高める 講義・事例を用いたグループワーク
11月 看護技術研修 当院における看護技術の実施方法を習得する③ 講義・実技
12月 看護技術研修 クリティカルケア看護の知識と技術を深める OP室・ICU実習
放射線科・内視鏡室実習
1月
2月
3月 医療安全研修 安全に対する知識と技術を深める 講義・グループ討議

 


看護教育計画(2年目以降)
レベルⅠ 患者個々に応じた看護実践ができる
看護判断力・問題解決能力を学ぶ
講義・講演
グループ討議
レベルⅡ プリセプターシップ能力を養う
チーム活動を通してリーダーの役割を理解する
OJT・レポート
グループ討議
講義・講演
新人3ヶ月研修企画
PS会議、演習指導
レベルⅢ 自己の役割・立場を認識し、リーダーシップ性を高める 講義・講演
グループ討議・事例検討
レベルⅣ 看護の現状を振り返り、チームの活性化を考えた行動ができる 講義・講演
自治体病院協会主催研修
ファーストレベル研修
セカンドレベル研修
看護管理コース 管理者としての見識を深め、看護業務全体の質的向上に取り組むことができる
看護専門コース 専門領域の医療・看護知識を深め院内で活躍できる 認定・専門看護師教育
課程研修
看護実践コース 看護実践能力を高める 講演・演習・講義
看護協会主催研修会
助産師会主催研修会
日精看主催研修会

 


キャリアアップ支援
当院では、紀南病院自己啓発助成事業として職務に関連した講座の受講、先進技術の習得などを希望する職員に対し助成を行っています。この事業は、職員の自主的な研究意欲を喚起することにより知識の習得、能力の開発、技術の向上を図り、その成果を病院運営に反映させることを目的としています。

 


Copyright © Since 2001 Kinan Hospital. All Rights Reserved.