利用される方へ

紀南病院 


HOME >> 診療科・部署紹介 >> 消化器科

消化器科

医師紹介
氏 名
補職名
認定資格
専門分野
木村 りつ子 主任部長 日本内科学会 認定内科医
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
臨床研修指導医養成講習会 修了
消化器
糖尿病
内科一般
内分泌疾患
小原 俊央 部長 日本内科学会 認定内科医
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本消化管学会 胃腸科認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本医師会認定 産業医
臨床研修指導医養成講習会 修了
医学博士
消化器
佐原 裕之 医長
消化器
内科一般
山西 浩文 医長 日本内科学会 認定内科医
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本消化器内視鏡学会 指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本糖尿病学会 専門医
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本消化管学会 胃腸科専門医
日本消化管学会 胃腸科指導医
臨床研修指導医養成講習会 修了
医学博士
消化器
腫瘍内科一般
三谷 健一郎 嘱託医 日本内科学会専門医
総合内科専門医
日本消化器学会専門医
日本消化器内視鏡学会認定医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本肝臓学会専門医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
日本消化器がん検診学会認定医
消化器
消化器内視鏡治療

 

診療内容
症候分類 具体的傷病名
食道疾患 逆流性食道炎・食道潰瘍・食道癌・食道静脈瘤
胃・十二指腸疾患 胃炎・胃十二指腸潰瘍・胃癌・胃ポリープ、粘膜下腫瘍・Mallory-Weiss症候群
腸疾患 腸炎(腸管感染症、細菌性食中毒を含む)・クローン病・潰瘍性大腸炎・腸結核・薬物起因性腸炎・非特異性腸潰瘍・大腸ポリープ・大腸癌・小腸腫瘍・イレウス・過敏性腸症候群・虚血性腸炎・憩室炎
肝疾患 急性肝炎・慢性肝炎・劇症肝炎・自己免疫性肝炎・原発性胆汁性肝硬変・肝硬変・薬物性肝障害・アルコール性肝障害・脂肪肝・肝膿瘍・肝嚢胞・肝癌
胆道疾患 胆石症・胆嚢炎、胆管炎・胆道腫瘍(十二指腸乳頭部腫瘍を含む)・原発性硬化性胆管炎
膵疾患 急性膵炎・慢性膵炎・膵嚢胞・膵癌

 

診療科の特色
当院の内視鏡室は検査室4室とレントゲン透視室2室を有しており、内視鏡システムは上部2台、 下部2台(うち2台はハイビジョン対応)を配備。内視鏡ファイバーは上部15本、下部8本(治療内視鏡を含む)を有し、 紀南地域での中心的役割を担っている。また内視鏡画像、CT/腹部エコー画像などはすべて電子カルテと連動した デジタル画像ファイリングシステムで保存し、過去10年分の画像を記録・保管している。

 

症例数・治療・成績
2013年は上部消化管約1958件、下部消化管約1090件の検査を行った。とくに胆道系内視鏡検査については田辺地方以南からの症例も多く、ERCPは年間78件の実績をおさめ、閉塞性黄疸に対するドレナージ術、乳頭切開術、手術不能な膵胆管系悪性腫瘍にたいするステント留置術などにも積極的に取り組んでいる。

治療内視鏡としては、早期胃がんなどに対する粘膜切除術(EMR)4例、粘膜下剥離術(ESD)24例、大腸ポリープ切除術40例、結腸ポリープ切除術110例を実施した。食道胃静脈瘤に対しては内視鏡的結紮術(EVL)9例のほか、症例によっては硬化療法(EIS)や、バルーン閉鎖下逆行性塞栓術(BRTO)も放射線科との協力で積極的に行っている。

消化管出血に対する内視鏡的緊急止血処置は24時間待機体制で行っており、2013年はクリッピング・レーザー焼灼法・アルゴンプラズマ療法など合計53件の症例に対応した。

B型肝炎に対するラミブジン・アデホビル・エンテカビル治療、C型肝炎に対するペグインターフェロン/リバビリン併用療法についても、とくに発がん抑制の立場から積極的におこない成績を上げている。

肝細胞がんに対しては放射線科の協力において肝動脈塞栓術(TAE)を38症例実施した。

難病であるクローン病や潰瘍性大腸炎の診断・治療にも力を入れており、2013年度の登録患者数はそれぞれ18例、62例であった。白血球除去療法(LCAP)は血液浄化センターの協力により行われており、抗TNF-α療法については化学療法認定看護師による厳重な観察のもと、外来化学療法室にて行われている。

 



Copyright © Since 2001 Kinan Hospital. All Rights Reserved.