利用される方へ



HOME >> 診療科・部署紹介 >> 外科

外 科

お知らせ
患者さまへ このたび日本外科学会を基盤とする外科系の学会が共同して、日本全国における外科手術症例のデータベース化事業が行われることになりました。これに伴い、独立した機関として一般社団法人National Clinical Database(以下NCD)が設立され、今後は日本における殆どの外科手術症例に関する情報が本機関に登録されることになります。当院におきましても本登録事業に参加することになりましたので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

平成23年1月1日以降、当院外科系診療科(外科、小児外科、呼吸器外科、心臓血管外科)で手術を受けられるすべての患者さまが症例登録の対象となります。本事業への参加は、患者さまの自由な意思に基づくものであり、参加されたくない場合は、データ登録を拒否して頂くことができます。なお、登録を拒否されたことで、日常の診療等において患者さまが不利益を被ることは一切ございません。NCDへの症例登録を希望されない方は主治医にお申し出ください。

患者さまに向けたより良い医療を提供する上では、医療の現状を把握することは重要です。NCDでは、体系的に登録された情報に基づいて、医療の質改善に向けた検討を継続的に行います。NCD参加施設は、日本全国の標準的成績と対比をする中で自施設の特徴と課題を把握し、それぞれが改善に向けた取り組みを行います。国内外の多くの事例では、このような臨床現場主導の改善活動を支援することにより、質の向上に大きな成果を上げています。

登録される情報は日常の診療で行われている検査や治療の契機となった診断、手術等の各種治療やその方法等となります。これらの情報は、それ自体で患者さま個人を容易に特定することはできないものですが、患者さまに関わる重要な情報ですので厳重に管理いたします。情報の取り扱いや安全管理にあたっては、関連する法令や取り決め(「個人情報保護法」、「疫学研究の倫理指針」、「臨床研究の倫理指針」等)を遵守しています。登録されたご自身のデータをご覧になりたい場合は、受診された診療科にお問い合わせ下さい。

登録される情報は、参加施設の治療成績向上ならびに皆さまの健康の向上に役たてるために、参加施設ならびに各種臨床領域にフィードバックされます。この際に用いられる情報は集計・分析後の統計情報のみとなりますので、患者さま個人を特定可能な形で、NCD がデータを公表することは一切ありません。情報の公開にあたっても、NCD内の委員会で十分議論し、そこで承認を受けた情報のみが公開の対象となります。

本事業に関するお問い合わせは、受診されている診療科またはNCD事務局(NCDホームページ)までご連絡をお願い致します。

 

医師紹介
                                
氏 名
補職名
認定資格
専門分野
長岡 眞希夫
特任院長
日本外科学会 認定医
日本外科学会 外科専門医
日本外科学会 指導医
日本消化器外科学会 認定医
日本消化器外科学会 指導医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器病学会 指導医
近畿外科学会 評議員
臨床研修指導医養成講習会 修了
プログラム責任者養成講習会 修了
日本医師会認定 産業医
許可証 麻酔科 (標榜医)
一般外科
(消化器外科、乳腺外科)
山邉 和生 主任部長 日本外科学会 認定医
日本外科学会 外科専門医
日本外科学会 指導医
日本消化器外科学会 認定医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医
日本消化器外科学会 指導医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本乳癌学会 認定医
日本乳癌学会 乳腺専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定証(消化器・一般外科)
検診マンモグラフィ読影 認定医
近畿外科学会 評議員
臨床研修指導医養成講習会 修了
医学博士
許可証 麻酔科 (標榜医)
一般消化器外科
乳腺外科
林 伸泰 部長 日本外科学会 外科専門医
日本外科学会 指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医
日本消化器外科学会 指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医
臨床研修指導医養成講習会 修了
医学博士
一般消化器外科
(特に大腸、肛門)
道浦 俊哉 部長 日本外科学会 認定医
日本外科学会 外科専門医
検診マンモグラフィ読影 認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
臨床研修指導医養成講習会 修了
一般消化器外科
(上部消化管)
宮嵜 安晃 部長 日本外科学会 外科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
臨床研修指導医養成講習会 修了
一般外科
中川 朋 医長 日本外科学会 外科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
臨床研修指導医養成講習会 修了
一般外科
日向 聖 医員
室谷 知孝 医員 AHA-ACLSインストラクター 一般外科
藤田 繁雄 非常勤 日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医
日本外科学会認定医、専門医、指導医
日本消化器外科学会、専門医、指導医
日本静脈経腸栄養学会 評議員
癌治療認定医
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
日本消化器病学会専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
臨床研修指導医
一般消化器外科
(特に大腸、肛門)

 


当科の特色
 当院は地域がん拠点病院に指定され、主に当科では悪性疾患の診断並びに治療を行っています。スタッフは大阪大学消化器外科教室より6名が派遣されそのうち4名は外科、消化器外科学会の指導医、専門医であり、内視鏡外科技術認定医も2名が取得しております。来年度はさらに新たに1名が派遣されてくる予定で、南紀地区の皆様に安心して医療を受けていただける体制を整えております。

 昨年より消化器外科領域では胃癌、大腸癌手術に低侵襲を目的に積極的に腹腔鏡手術を導入しています。また、胃癌においては腹腔鏡手術の適応にならないリンパ節転移を有する症例にもできるだけ低侵襲を心がけ、小切開手術(皮膚切開長が10cm未満)を行い、腹腔鏡手術と変わらないQOLの高い周術期を過ごしていただいております。また、胆嚢摘出術においては従来の腹腔鏡手術に加え、臍部の1箇所の切開で胆嚢を摘出する単孔式胆嚢摘出術を導入し、患者さまにさらなる低侵襲な手術を提供しております。乳癌に対しても所属リンパ節生検を取り入れ、乳房温存を基本とした低侵襲手術を行っております。進行・再発癌に対しては化学療法室と協同し、最新の化学療法や放射線療法を組み合わせた集学的治療も併せて行っております。

 悪性疾患以外にも肛門疾患(痔核、痔瘻)に対して、硬化療法を導入し、患者さまの苦痛の少ない治療を心掛けております。消化管の穿孔や腸閉塞等の緊急手術にも24時間対応できる体制をとっております。小児外科疾患(鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、停留睾丸)も大阪大学小児外科教室と連携して診療、手術を行っております。

 また、研修においても臨床研修指導医を4名揃え、毎朝の病棟カンファ、抄読会、術前・術後の検討会、関連する科とのキャンサーボード等の各種検討会を行い、研修医の先生方に質の高い研修が出来るように取り組んでおります。
 

 

診療内容
症候分類
具体的傷病名
消化器外科疾患 食道・胃・大腸・肝胆膵領域の悪性腫瘍、胆石症、虫垂炎、肛門疾患
乳腺外科 乳癌、乳腺症、乳腺良性腫瘍
一般外科疾患 鼠径ヘルニア、ポート作成、胃瘻増設術

 


手術件数
2010年の主な手術件数

全身麻酔400、腰椎麻酔79、乳腺23、食道癌4、胃癌52、大腸癌61、肝癌11、胆道癌7、胆石101、膵癌10、イレウス19、肛門疾患27、虫垂炎42、ヘルニア61、小児外科36 など



Copyright © Since 2001 Kinan Hospital. All Rights Reserved.