利用される方へ



HOME >> 診療科・部署紹介 >> 臨床工学部

臨床工学部

部員紹介
氏 名
補職名
資格
榊 雅之 部 長 日本外科学会 認定医
日本外科学会 外科専門医
日本外科学会 指導医
心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科専門医
心臓血管外科専門医認定機構 修練指導医
日本胸部外科学会 認定医
臨床研修指導医養成講習会 修了
医学博士
土井 照雄 主 任 体外循環技術認定士
呼吸療法認定士
不整脈専門臨床工学技士
第1種ME技術実力検定取得
臨床ME専門認定合格
透析技術認定士
MDIC認定技士
アフェレシス学会認定合格
DMAT隊員
大上 卓也 技 士 体外循環技術認定士
呼吸療法認定士
植込み型心臓デバイス認定士
透析技術認定士
臨床検査技師
塩ア 智弥 技 士 認定血液浄化臨床工学技士
土山 康蔵 技 士
 
椿野 雄弥 技 士
 
佐脇 純奈 技 士
 
松山 紗千 技 士
 

集合写真

 


CEセンター概要
CEセンター 面積 33 平方メートル

無人タッチパネル式ME機器管理システムでの医療機器の集中管理

・所有測定機器
IDA-4plus 輸液/シリンジポンプ類の流量/圧テスト
PTS 2000 呼吸器/酸素流量計等の流量/圧/酸素濃度テスト
AX-400G モニタ類のチェックに使用するシミュレータ
LCC-1101 機器の漏れ電流等を計測するチェッカ
Test Lung 呼吸器/酸素流量計等の計測時に使用するテスト肺
FLUKE QED6 DCチェッカ
FLUKE RF303 電気メスチェッカ
SK-110TRH II 温湿度計
OXYMAN 酸素モニター
ProSim8 バイタルサインシュミレータ
SPtester 持ち運べるシリンジポンプ類の流量/圧テスト
CITREX H5 持ち運べる呼吸器の点検機器

 


業務内容
関連科
具体的業務
心臓血管外科 開心術のサポート(人工心肺とその他関連機器の操作・管理、物品管理)
腹部大血管手術時の自己血回収装置の管理
末梢血単核球採取・移植など
循環器科 血管造影室でのカテーテル検査・治療(PCI、PPI)のアシスト
IVUS(iLabOpticross)、プレッシャーワイヤーロータブレーターの外回り操作・データ管理など
補助循環装置の操作・管理(IABPPCPS
心臓ペースメーカ・ICD・CRTD(植え込み・交換・外来・在庫管理)/ホームモニタリング
緊急体外式ペースメーカ
血液浄化センター HDOHDFLDL、PMX、CART、PA、CHF、CHDF、LCAP・GCAP、緊急HDなどの血液浄化全般
呼吸器関連 人工呼吸器の定期点検・人工呼吸器装着患者の病棟ラウンド(毎日)
当院では一般病棟:ザビーナ、ICU:ベネット840の2機種統一
機器管理関連 ME機器管理ソフトを用いたME機器管理 52種類、
478台の機器を管理および各機器の定期点検
各種ME機器点検マニュアルの整備
在宅関連機器 HOT、CPAP、ASV、セーフス
血液内科 末梢血幹細胞採取・末梢血単核球採取


円グラフ

 

臨床工学部の特色
当院では平成14年に臨床工学部を立ち上げました。人工心肺・心臓カテーテル検査・ペースメーカー・血液浄化などが当初の業務でしたが、平成17年の移転を機にME機器の中央管理も担当するようになっています。守備範囲の拡大に伴いスタッフも増員され、現在は5名体制で日常業務に当たっています。また、平成22年より新しい業務としてICD・CRT植込み業務及び保育器の保守管理業務を開始し業務拡大にも積極的に取り組んでいます。

CEセンターの使命は患者さんが常に安全な医療を受けられる体制を整えることであると考えています。人員等の関係で当直体制はとっていませんが、夜間・休日は24時間オンコール体制でME機器のトラブルや緊急カテーテル検査、緊急手術等に対応しています。

当センターの大きな特色として、ペースメーカ管理を含めた全ての業務において業者立会いを行っていないことがあげられます。紀南地域は都会から遠く離れている為に緊急事態には全て我々CEのみで対応しなければなりません。患者さんに安心して頂ける技術・知識を持つために、個々が常にこれらの向上をめざして研鑽してきた結果だと考えています。

当院にはまだまだ我々が携わらなければならない業務が多くあります。より安全な医療の実践を目指し、優秀な人材を育て業務拡大をしていきたいと考えています。

 


症例数
症例
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
人工心肺
37
41
53
43
38
開心術
60
68
67
74
83
IABP
14
9
15
18
19
PCPS(ECMOも含む)
5
1
7
8
7
CHDF/CHD/CHF
144
139
73
160
94
PBSCH(単核球細胞)
4
0
0
5
11
心臓カテーテル検査
441
438
402
374
304
心臓カテーテル治療(PCI)
209
226
194
195
168
緊急カテーテル検査(うちAMI)
88(51)
125(52)
113(47)
98(43)
89(40)
IVUS
179
182
176
178
155
下肢カテーテル治療(PPI)
62
42
28
48
20
FFR
15
12
11
10
12
ペースメーカ植え込み術
36
28
34
27
26
ペースメーカ電池交換
23
19
13
14
6
ICD/CRT/CRTD
14
16
7
11
6
在宅関連機器導入(HOT)
43
31
43
34
32
在宅関連機器導入(CPAP)
2
8
9
6
9
在宅関連機器導入(カフティポンプ)
6
2
2
7
5
在宅関連機器導入(セーフス)
9
21
22
33
14
在宅関連機器導入(ASV)
1
6
5
1
0
NHF
19
18
26
22
24
ロボット支援手術
-
-
32
39
30
神経刺激モニタリング(NIM)
15
12
11
39
30
デバイス外来
466
400
407
393
343

 


不具合報告対応実績
院内で発生した医療機器の不具合(エラー表示、破損、動作不良など)を報告書として受け取り、
必要な対処(点検、調整、院内修理、メーカー修理依頼など)を行います。


棒グラフ



円グラフ"

 


新規導入(2020年)機器
臨床工学部では更なる業務拡大として、新規医療機器の導入に意欲的に関与しています。 より迅速な対応、効率的な働き、安全性の強化を目指して導入された機器は各部署に配置され、医療の向上に役立てられています。

 また、新規導入された機器に対しても管理・点検を臨床工学部が主体として行い、安心安全な使用が継続してできるよう励んでいます。


新規導入医療機器
種 類
Bennett980 人工呼吸器
ECmoVA ポンプ駆動装置
ABL-9 血液ガス分析装置(透析液組成の分析に使用)
FP-N11 セーフテック輸液ポンプ
ポリコーダ モニタユニット
MBF-11A ポケットLDF血流計

 


部品交換実績
機器名
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
RO供給装置
4
-
-
-
7
除細動器
10
1
1
-
11
シリンジポンプ
61
24
56
31
32
人工呼吸器
10
13
9
5
12
低圧持続吸引機
11
1
4
15
5
透析監視装置
19
17
16
4
34
パルスオキシメータ
4
3
1
2
3
ベッドサイドモニタ
1
1
-
8
2
輸液ポンプ
13
39
9
8
54
保育器
3
6
3
3
2
IABP
2
-
-
2
-
PCPS
-
-
-
-
-
AED
-
1
-
1
4
Wiz air
-
-
-
14
4
電気メス
-
-
-
-
1
バッグバルブマスク
-
-
-
-
2
モニタ送信機
-
-
-
6
1



 

Copyright © Since 2001 Kinan Hospital. All Rights Reserved.