利用される方へ

紀南病院 


HOME >> 診療科・部署紹介 >> 眼科

眼 科

医師紹介
氏 名 補職名 認定資格 所属医局 出身大学 専門分野
林 秀介 部長 臨床研修指導医養成講習会 修了 大阪大学 大阪大学 眼科一般
白木 彰彦 医員
大阪大学 大阪大学 眼科一般
金井 聖典 医員
大阪大学 大阪大学 眼科一般

 

視能訓練士紹介
樋口 裕起 浅利 美沙 千里 拓史 野口 優人

 

診療内容
症候分類
具体的傷病名
角結膜疾患 角膜炎、角膜潰瘍、角膜変性、円錐角膜、結膜炎、流行性角結膜炎、ドライアイ
白内障関連疾患 白内障、水晶体脱臼
緑内障関連疾患 緑内障、高眼圧症、急性緑内障発作
ぶどう膜疾患 虹彩炎、毛様体炎、ぶどう膜炎、脈絡膜欠損
網膜疾患 糖尿病網膜症、網膜剥離、網膜静脈閉塞症、網膜動脈閉塞症、網膜動脈瘤、硝子体出血
加齢黄斑変性、網膜色素変性症、黄斑円孔、黄斑上膜
中心性網脈絡膜症
眼瞼疾患 麦粒腫、霰粒腫、内反症、眼瞼下垂
その他 涙嚢炎、外斜視、内斜視、視神経炎、眼窩蜂巣炎

 

診療科の特色
当科は大阪大学眼科教室に所属する医局員で構成されており、診断・治療方針などに関してはそれにならった形で行っています。
紀南地区の中で、網膜剥離を含めた緊急の疾患に対応できる唯一の機関であり、十分な検査機器及び検査能力と診断・治療が最も充実しており、唯一の基幹病院としての役割を担っています。
高齢化を迎えていく中で、老化に伴って疾病率の増加する疾患、白内障、緑内障、加齢黄班変性などの診断・治療には特には特に習熟している必要があり、当院眼科ではこれに対して十分な設備投資また技術的修復を行っています。
 ・ビバシズマブ[アヴァスチン]硝子体内投与
 ・ステロイドテノン嚢下硝子体内注射
 ・PDT(眼科光線力学的療法)
手術設備についても、最新の手術装置を導入しており安全に最先端の治療が受けられるシステムになっています。
糖尿病、高血圧、動脈硬化、腎疾患といった全身疾患からの眼合併症も多く、内科、循環器を中心として他科との連携をおこなっています。
検診による眼底検査も行っており、異常の疑いがあれば積極的に眼科受診をすすめており、早期発見、早期治療に尽力しています。
地域医療の一員としては、病状精査、高度な治療を要する症例については眼科診療所からの紹介を積極的に受け入れており、病状が安定すれば再び診療所で経過観察をしてもらうという病診連携を以前より行っており、必要であれば時間外でも受け入れ、365日24時間の眼科当直体制もとっております。

 

当科で取り扱える疾患
結膜炎、眼瞼炎、麦粒腫などの外眼部、ドライアイをはじめとした眼表面疾患はもとより、白内障、緑内障、黄斑変性症など加齢に伴う疾患。
虹彩炎、ぶどう膜炎、視神経炎などの特殊な治療を要する炎症性疾患。
主な外来手術適応の疾患としては、白内障、霰粒腫、翼状片、眼瞼内反症、眼瞼下垂、斜視、腫瘍などの切除。またレーザーによる外来手術では、後発白内障、緑内障、網膜裂孔、網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜症、網膜動脈瘤、加齢黄斑変性など。入院による手術療法が中心となる主な疾患は白内障、進行したあるいは急性緑内障、網膜剥離、糖尿病網膜症。特に硝子体手術には力をいれており硝子体出血、網膜剥離、進行した糖尿病網膜症のみならず、加齢黄斑変性、網膜動脈瘤による網膜下出血新生血管抜去なども行う。また鼻涙管狭窄、閉塞による流涙、眼脂の症例では鼻涙管にシリコンチューブを留置したり、適応があれば涙嚢鼻腔吻合術も行うことができる。逆にドライアイに対して頻回点眼のみでは改善しない場合、涙点プラグの挿入、液体コラーゲンプラグの使用、自己血清点眼液の作製と使用なども行っております。
3名の視能訓練士による小児の弱視、斜視への視機能検査も充実しております。
当院倫理委員会の承認ならびに当院産婦人科の協力のもと羊膜移植を、適応のある疾患に行っております。
近年増加傾向の加齢性黄斑変性の診断、加療には特に力を入れており、中心窩下に新生血管を伴う病変に対する唯一の治療法であるPDT(眼科光線力学的療法)に関しては平成18年11月に和歌山県としては初めて導入、現在まで県内で最も多くの症例で治療を行っております。
近年、眼科領域で話題となっている抗VEGF抗体:ビバシズマブ(アヴァスチン)に関しては、平成18年12月より当院倫理委員会の承認のもと適応外使用という形で県内で初めて導入、加齢黄斑変性・近視性を含む新生血管黄斑症・増殖糖尿病網膜症・新生血管緑内障をはじめとした難治性眼疾患への使用を行っております。
また、加齢黄斑変性症に対しては、PDT(眼科光線力学的療法)との併用療法も積極的に行っております。

 

検査等
視力、眼圧、細隙灯顕微鏡、眼底、視野、両眼視機能、複像、網膜電位、視覚誘発電位、眼底造影(フルオレセイン、インドシアニングリーン)、光干渉断層計(OCTオフサルモスコープ)、鼻涙管通水・ブジーなど

 

Copyright © Since 2001 Kinan Hospital. All Rights Reserved.