利用される方へ

紀南病院 


HOME >> 診療科・部署紹介 >> 心臓血管外科

心臓血管外科

医師紹介
氏 名 補職名 認定資格 専門分野
阪越 信雄 副院長 日本外科学会 認定医
日本外科学会 外科専門医
心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科専門医
心臓血管外科専門医認定機構 修練指導医
日本胸部外科学会 認定医
日本胸部外科学会 指導医
日本胸部外科学会 評議員
臨床研修指導医養成講習会 修了
プログラム責任者養成講習会 修了
医学博士
心臓血管外科
須原 均 部長 日本外科学会 外科専門医
日本外科学会 認定医
日本外科学会 指導医
心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科専門医
心臓血管外科専門医認定機構 修練指導医
腹部ステントグラフト実施医
腹部ステントグラフト指導医
胸部ステントグラフト実施医
臨床研修指導医養成講習会 修了
医学博士
心臓血管外科
玉川 友樹 医員 心臓血管外科

 

診療内容
症候分類 具体的傷病名
先天奇形 心房中隔欠損、心室中隔欠損、動脈管開存
冠動脈疾患 狭心症、心筋梗塞、心筋梗塞合併症
心臓弁膜症 大動脈弁狭窄・閉鎖不全、僧帽弁狭窄・閉鎖不全、三尖弁閉鎖不全
大動脈疾患 大動脈解離、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤
末梢動脈疾患 急性動脈閉塞症、閉塞性動脈硬化症、末梢動脈瘤
静脈疾患 深部静脈血栓症、下肢静脈瘤
不整脈疾患 心房細動、徐脈性不整脈、頻脈性不整脈

 

診療科の特色
 主として冠動脈疾患・心臓弁膜症などの後天性心疾患と頭頚部分以外の血管疾患を診療しています。冠動脈バイパス術はそのほとんどを人工心肺を使用せずに低侵襲に行えるようになっています。僧帽弁閉鎖不全症も9割以上は弁形成術で対応できています。高齢者大動脈弁狭窄症が増加しておりますがこのような患者様に対しては生体弁を用いた弁置換術を安定した成績で実施しています。大動脈解離や動脈瘤破裂などに対しては緊急手術を行える体制を常時維持しています。

 当科が最近特に力をいれている領域は術後早期の社会復帰を目的とした術後回復プログラムです。心臓大血管手術を受けて頂く高齢者は長期入院そのものによって身体的・精神的に大きなダメージを受けます。そこで当科では麻酔科・リハビリ専門看護師などとチームを作り、術後早期からのリハビリを積極的に行っています。その結果、多くの患者様が心臓手術の翌日に歩行し、術後2週間以内での退院が可能となっています。このような試みを日本心臓血管外科学会・日本集中治療医学会などの全国学会で報告し、高い評価を得ることができました。

 

現在行える検査及び疾患
<検査>
検査は内科(心臓センター循環器内科)で行っています。

<治療>
先天奇形 心房中隔閉鎖術、心室中隔閉鎖術、動脈管閉鎖術
冠動脈疾患 冠動脈バイパス術、左室形成、左室瘤切除
心臓弁膜症 大動脈弁置換術、僧帽弁形成術・置換術、三尖弁形成術
大動脈疾患 人工血管置換術(上行〜弓部〜下行〜腹部)
末梢動脈疾患 血栓除去術、動脈バイパス術、動脈形成術
静脈疾患 血栓除去術(エコノミークラス症候群)、下肢静脈瘤切除術
心房細動 Maze手術
徐脈性不整脈 生理的ペースメーカー植え込み
頻脈性不整脈 ICD(自動除細動器)植え込み


 

Copyright © Since 2001 Kinan Hospital. All Rights Reserved.