利用される方へ

紀南病院 


HOME >> 診療科・部署紹介 >> 循環器科

循環器科

医師紹介
                                    
氏 名
補職名
認定資格
専門分野
赤木 秀治 病院長 日本内科学会 認定内科医
日本循環器学会 循環器専門医
臨床研修指導医養成講習会 修了
プログラム責任者養成講習会 修了
循環器内科
木村 桂三 主任部長 日本内科学会 認定内科医
日本内科学会 総合内科専門医
日本内科学会 研修医指導医
日本循環器学会 循環器専門医
臨床研修指導医養成講習会 修了
医学博士
和歌山 ACLSインストラクター
循環器内科
奥本 泰士 部長 日本内科学会 認定内科医
臨床研修指導医養成講習会 修了
日本DMAT隊員
循環器内科
宮本 正興 医長 日本内科学会 認定内科医
臨床研修指導医養成講習会 修了
循環器内科
岩畔 哲也 医員 日本内科学会 認定内科医
臨床研修指導医養成講習会 修了
日本医師会認定 産業医
循環器内科
宮本 芳行 医員 循環器内科
浅江 仁則 医員 循環器内科



 

診療科の特色
当科は高度循環器診療を担う紀南地方における中核病院である。田辺市のみならず紀南全域、近隣する日高地区からの救急搬送も多く、24時間体制で診療にあたっている。集中治療室では、大動脈バルーンパンピングや経皮的心肺補助装置、持続的血液透析濾過装置などの先進医療機器を駆使した重症心血管疾患や蘇生後治療も行っている。

循環器救急医療の中心となる急性心筋梗塞診療にあたっては、緊急カテーテル治療を行い生存予後の改善に努めている。また、回復期には積極的に心臓リハビリテーションを、看護部やリハビリテーション科と共同で行っていて、退院後も継続することにより慢性期のイベント発生低下を目指している。

循環器診療の中心となる冠動脈カテーテル検査や治療については、血管内超音波装置や光干渉断層装置などの先端装置を使用することにより、動脈病変の詳細を観察することが可能である。また、プレッシャーワイヤーを使用した虚血評価も可能で、総合的な判断の上に個々の病変、症例に応じたカテーテル治療を行っている。当院は和歌山県下では数少ない高速回転式粥腫切除術(Rotablator)の実施認定施設であり、冠動脈の固い動脈硬化病変のカテーテル治療も行っている。ただし、単にカテーテル治療にこだわるのではなく、ガイドラインや心臓血管外科とのカンファレンスも踏まえ、外科治療が望ましいと判断したときには、バイパス手術も提案している。閉塞性動脈硬化症に対する血管内治療も実施していて、下肢切断を回避できた症例も少なくはない。

近年、カテーテル検査のような侵襲度の高い検査を受けなくても、正しい診断がなされるようにと、低侵襲の検査法が飛躍的に進歩している。当院でも64列CTを早くより導入していて、冠動脈病変の診断に積極的に利用している。外来にて短時間で検査ができることより地域の診療所からの検査依頼も多い。当院の心臓エコー検査は全国的に高く評価されているが、最近は負荷検査を加えることにより、冠動脈病変の進行を早期発見することが可能となり、弁膜症の重症度評価にも役立っている。経食道心エコーや血管エコーも従来どおり実施していて、超音波検査は心血管疾患の画像診断の中心となっている。心筋虚血評価には今でも心筋シンチグラムがスタンダードである。全国的にこの検査の実施数は低下しているようであるが、当院では虚血の有無をできるだけ評価して冠動脈血行再建を行うことにしているため、この検査件数は減少していない。

失神の原因検査のためや重症心室性不整脈の診断や治療方針を決定するために、電気生理学的検査やデータレコーダ植込み手術を行っている。カテーテルアブレーション治療については昨年半ばより中断していたが、現在再開に向けて調節中で2014年春以降に実施できる予定である。

重症心不全や不整脈症例に対する植え込み型徐細動装置(ICD)や心臓再同期療法(CRT)に取り組んでいる。従来の薬物治療では治療困難なため、社会生活が大幅に制限されたり、入退院を繰り返していたりした症例で、充分な社会復帰を果たした症例も少なくない。ICDやCRTとともに植え込み型ペースメーカはホームモニターリングシステムを導入していて、不具合を発見したときは病院の方から患者様に連絡している。

このような高度の診断・治療装置をもっていても、患者様や家族様の話に良く耳をかたむけることが最も重要だと医局員全員が考えている。当科医師間だけでなく他科医師を含む関係スタッフと、病状だけでなく生活環境も含め十分に把握検討することを心がけている。その上で、患者様に適した治療方針を提案させていただき、十分にご理解の上で治療することにしている。また、日頃かかりつけ医として診療をお願いしている地域の診療所あるいは他病院の先生方とも十分情報交換することにより、患者様が安心して治療を受けられる体制を築いている。


当科での年間冠動脈造影および経皮的冠動脈形成術数の推移
  冠動脈造影 経皮的冠動脈形成術
2010年 396 176
2011年 496 214
2012年 480 216
2013年 390 165

その他2013年度主要検査および手術実績
四肢カテーテルインターベンション治療 36件
心臓電気生理検査 17件
カテーテルアブレーション 7件
植え込み型ペースメーカ移植手術
(内 新規植え込み 26件)
46件
植え込み型除細動装置移植手術 1件
植え込み型両心室ペースメーカ移植手術 5件
植え込み型除細動器付き両心室ペースメーカ移植術 1件
経胸壁心エコー検査 5944件
経食道心エコー検査 203件
負荷心エコー検査 248件
血管エコー検査 743件
冠動脈CT検査 400件
心臓核医学検査 202件

 

主な検査及び設備
心エコー図検査 Philips ie33を筆頭に6台、救急処置室、ICU/CCU、循環器病棟にも常備、負荷エコー、3Dエコー、経食道心エコー
心臓カテーテル検査(CAG) フラットパネル Philips Allura Xper FD10 共用型(FD20)と併せて合計2台
血管内超音波検査(IVUS) Boston scientific Galaxy2、VOLCANO 5
光干渉断層法(OCT) Dragonfly
核医学検査(SPECT) GE Infinia
多列CT(冠動脈、心臓CT) 64列MDCT(Philips社製)、16列MDCT(Philips社製)
MRI MAGNETOM(SIMENS社製)

 

主な治療及び設備
経皮的冠動脈形成術(PCI) バルーン、ステント、高速回転式粥腫切除術:Rotablator
経皮的血管形成術(PPI) 上肢、下肢、腎動脈など
経皮的心肺補助 PCPS 2台:Terumo EBS
大動脈内バルーンパンピング IABP 2台:Datascope CS100、System98
ペースメーカー埋込み術 一時的ペーシング(恒久的ペーシングは心臓血管外科にて施行)
持続的血液濾過透析 CHDF 2台:JUN505
一酸化窒素(NO)吸入療法  
脳低温療法  
カテーテルアブレーション  

 

Copyright © Since 2001 Kinan Hospital. All Rights Reserved.